夏の断熱STEICO木繊維断熱材

木繊維で建物を覆う「STEICO(シュタイコ)」は
例えるなら森の中のような心地よさ。

真夏の森にひっそりとたたずむような住まいで
ひんやりと澄んだ空気の中

こころ静かに家族で時を重ねる。
・・・そんな豊かな暮らしを、街で体感いただけます。
ますます高い省エネ性が要求されるこれからの住宅。しかしながら温暖化に加え、温暖湿潤な日本の気候条件では夏のオーバーヒートを防ぎ、快適な環境を創る断熱材として従来の北方からの 断熱の考え方では無理があります。

今、このような温暖地域に最適な断熱材が世界で注目されています。ヨーロッパでの断熱材のシェアの10%は木繊維断熱材に切り替わり、多くの木造建築家たちが「未来の断熱材」と呼ぶSTEICO(シュタイコ)。木繊維断熱材はこれからさらに要求される「地域に密着した建築業者のための省エネ住宅」のヒントが詰まっています。

シュタイコとは?

断熱材ではなく、次世代のための家造り
グラスウールをはじめとする断熱材のメリットは省エネ性と冬の温かさです。しかし、気候の変動で、この先真夏はさらに高温になり、冷房によるエネルギーが急増することが予想されます。そのためこれからの断熱には、寒さだけでなく夏の暑さを防ぐ性能が求められます。シュタイコ断熱工法は、非常に高い熱容量と低い熱伝導率で、日本の灼熱の真夏でも快適な暮らしを実現します。
夏を快適にする

「熱容量」と「透湿性」

外気温が35℃の時、屋根瓦の温度は80℃にも達します。一般的なグラスウール断熱材の場合、真夏に11時間以上高温にさらされた屋根から断熱材を通過し、室内は30℃以上の耐えられない暑さに達します。しかしシュタイコなら約20℃の過ごしやすい室温に抑えることが可能です。

その違いは「熱容量」

従来の断熱材では冬の寒さを防ぐ熱伝導率の数値が重要視され、熱容量にはあまり注目されていませんでした。しかし、日本の蒸し暑い夏を快適に過ごすには「熱容量」こそが最も重要なカギ。これまで「熱容量=夏」と「熱伝導率=冬」を高いレベルで併せ持つ断熱材はなく、シュタイコで初めて可能に。

また、高い透湿性で蒸し暑い夏や梅雨でも快適な空間を保つため、シュタイコは日本の気候に最適な断熱材といえます。寒さと暑さに対応できる木繊維断熱材は、ドイツでは「未来の断熱材」と認められています。

4つの不快から

暮らしを守る!

冬だけでなく夏も快適
シュタイコは透湿性があるため、過度な湿気から遮り最適に調湿することで、蒸し暑い梅雨時や真夏でもカラリと涼しい室内環境を創ります。

また、シュタイコは防音効果も持ち合わせており、騒音を減少させ心地よい音響効果をもたらし、静かでストレスのない生活環境を提供します。また際立って耐久性のある断熱工法であることも約束します。

シュタイコで覆われた家は機能性が高いだけでなく安全性も考慮されているので、居心地よく安心して暮らすことができます。
❶暑さ
真夏の暑さをシャットアウト

熱容量  2100C[J/(kg*K)]
熱伝導率 0.038[W/(m*K)]

❷湿度
夏の蒸し暑さ、冬の結露を防ぐ

透湿抵抗 106ng/m.s.Pa
❸エコロジー
有害な化学物質を含む成分は不使用

ホルムアルデヒド 0.02mg/㎥
発がん性物質   0μg/㎥
❹遮音・防音
図書館並みの静かさ

外部からの騒音を軽減するだけでなく、生活音も外に漏らさない
❹遮音・防音
図書館並みの静かさ

外部からの騒音を軽減するだけでなく、生活音も外に漏らさない

【動画】シュタイコ木繊維断熱材なら高い透湿性を実現

木繊維断熱材が作る健康な暮らし
シュタイコは住宅の中に森のような心地よさを作り出します。屋根、壁、床で使用することで、快適で健康、安心な暮らしをお約束します。シュタイコはヨーロッパの中の多くの現場で、何十年にもわたりその性能を実証しています。シュタイコの製品は全てFSC、PEFC認証の木材から製造されたエコロジーな製品です。シュタイコはIBJ研究所の会員でありバウビオロギー協会、パッシブハウス協会の会員で環境と快適な生活を守るための活動を行なっています。

安心して暮らせる

成分について

全てのシュタイコ断熱材は針葉樹の端材が原料。
そのためイソシアネートを含む接着剤やホルムアルデヒドなど、防蟻処理も含めて有害な化学物質は一切使用していません。また、水や空気など環境に配慮した製造工程で管理され、梱包材に至るまで再利用可能な素材で作られています。

またシュタイコは、製品製造中の厳しい管理以外にも、第三者機関による原材料の継続的な管理下、排出物がなく、危険性がないことが認定されています。信頼できる森林だけを産地とし、各種エコロジー認定を受けているオーガニックな断熱材です。
PEFC
IBR
エコテスト
CE
IBR
木繊維の

防火性

【動画】火災に対する断熱材の反応

木が燃えるのは事実ですが、シュタイコ断熱材は高い防火性を有します。 

シュタイコ断熱材は高密度な木繊維で構成されているため、万が一火災が発生した際には表面に炭化層を素早く形成し火災の広がりを抑え、多くの石油化学系断熱材とは異なり火災時に有毒ガスを発生しません

グラスウールとポリスチレン(EPS断熱材)との火災に対する材料の反応を実験した動画もご覧下さい(*音が出るのでご注意下さい)。

建築家が語る
シュタイコの魅力

木質繊維断熱材の優れた性能

西方設計 西方里見 氏

高断熱・高気密住宅が現在のように一般化するよりもずっと前の35年前から、環境にも負荷が少ない家づくりのノウハウを積み重ねてきた建築家です。住宅の高断熱・高気密化や、人体への負荷が少ない建材の提唱・実践者として『日本の住宅を変えた50人+α(「建築知識」700号記念号特集)』の一人にも選ばれています。

有限会社西方設計 https://www.nisikata.co.jp/

 

【INDEX】
  • 木繊維断熱材はエコロジーでバウビオロギー
  • 木繊維断熱材の性能
  • 木繊維断熱材の日本での実践
    (木繊維断熱材の屋根充填断熱工法の矩計図 他)
  • 木繊維断熱材の性能
イケダコーポレーション・建築家コラムより(抜粋)

断熱材の種類は、グラスウールなどの鉱物系、ビーズ発泡ポリスチレンフォームやウレタンフォームなどの石油系、木繊維などの自然系などの原料により分けられます。断熱材ですから断熱性能が良いことはもちろんですが、環境性、健康性、防火性、費用対効果が挙げられバランスが取れていることが評価の基準です。

環境性は地球や環境に与える負荷やダメージが少ないことです。生産時のCO2放出やエネルギー使用が少ないこと、リサイクルが可能なこと、廃棄処分が有利なことが挙げられます。健康性は環境ホルモン、アレルギー、化学物質過敏症などの観点から人体に与える負荷やダメージが少ないことです。

現在はコスト面から鉱物系や石油系の断熱材が多く使われていますが、これからは環境性、健康性、防火性にすぐれた木繊維断熱材が主流になるでしょう…(続きを読む)

建築家によるシュタイコ断熱の実践セミナーを随時開催中!

セミナーでは実際の施工方法以外に、断熱の基礎知識を高めて次世代のための家づくりに繋がる内容を織り交ぜ、建築家がシュタイコの活用方法を解説します。
参加無料

商品紹介

シュタイコ ゼル 

熱伝導率        0.038(W/m*k)
透湿抵抗値           106ng・m・s・Pa
容量              2100  c[J/(kg*K)]
成分                木繊維、PP繊維、硫酸アンモニウム、ホウ酸塩
-------------------------------------------------
【容量】 
15kg(4.3㎡分)
*( )内は、いずれも厚さ100㎜の場合の参考施工面積
【推奨吹き込み比重】
①壁充填、密閉された天井又は屋根空間:約50(kg/㎥)
密閉されない屋根裏部屋の床:約35〜45(kg/㎥)
シュタイコ ゼルは、断熱材を固めるための接着剤を必要としないので、とても安全性が高くドイツのエコテスト・マガジンでも最高の評価を得ている吹き込み断熱材です。床、天井、壁、屋根のいずれにも使え、取り扱いも簡単で施工時間の節約にも繋がります。

シュタイコ フレックス038

サイズ           100×1220×390mm
              100×1220×430mm
熱伝導率    0.038(W/m*k)    JIS1412-2
熱抵抗R 
      2.6(㎡*K)/W
密度           50  kg/㎥
透湿率           106  ng/m・s・Pa JIS A1324
容量        2100  c[J/(kg*K)]
空気透過抵抗値   >5kPa*s/㎡
成分       木繊維、PP繊維、硫酸アンモニウム
防蟻処理済    ホウ酸塩
シュタイコ フレックス038は、約50kg/㎥の高い材料密度と2100J/kgKの高い熱容量で真夏の暑さも断熱します。汎用性の高いサイズのため、ほとんどの壁面にそのまま使用することができます。間柱間のサイズより5〜10mm大きめにカットし、軽い力で押し込むだけで完璧な断熱性を確保できます。また、復元力があるので沈下することはなく、小さな隙間ができた時には切断した端材を押し込むことで隙間なく断熱することができます。

シュタイコ プロテクト ドライ type H 

サイズ           2275×600×60㎜(働き2250×575×60)    
熱伝導率    0.0443(W/m*k)
比重             ≠180  kg/㎥  
透湿抵抗値          3
  μ
圧縮強度        200  k Pa
垂直引張強度       30  k Pa
容量        2100  c[J/(kg*K)]
瞬間水分吸収量   ≦1.0
成分       木質繊維、ポリウレタン樹脂、パラフィンワックス
シュタイコ プロテクトは溝の凸凹を合わせることで、勾配16度以上の屋根なら余分な素材を何も使わずに高い撥水効果で雨風を防ぐことができます。施工も簡単で軽量な新築にもリノベーションにも最適な木繊維断熱材工法です。

施工について

シュタイコ断熱材の施工や加工はとても簡単で、指定業者でなくとも施工可能です。
木繊維でできた断熱材は成分も安全で、安心して作業していただくことができます。

【動画】シュタイコ フレックス038の商品概要や施工方法
【動画】シュタイコ プロテクトの商品概要や施工方法
    (シュタイコ フレックスの現場施工も収録)
全国で増加中

施工実績

シュタイコで快適な暮らしを実現

シュタイコは、全国の建築業者での採用が増加中。その背景には安全な原材料を使用している安心感と、年々厳しさを増す夏の暑さに対応できる機能性が高く評価されています。シュタイコを使った家づくりなら、お施主様の健康に負担がかからない快適な暮らしを実現します。

先行導入いただいた
工務店・お施主様の声

とにかく過ごしやすい!

大阪府 A工務店様
(お施主様)
大阪の夏は屋根からの熱で2階はエアコンを付けないと眠れないくらいですが、シュタイコを使って建てた家は2階だけでなく、小屋裏まで涼しいので驚きました。

(工務店様)
真夏の工事中、シュタイコを採用した現場は仮エアコン1基だけでした。玄関ドアが開けっ放しにも関わらず、家の中が工事中ずっと涼しかったのは初めてです。

寒暖の差がありません!

福岡県 株式会社 I様
(お施主様)
以前の住まいは夏暑く冬はとても冷える空間で「家族みんなでもっと快適に住める家にしたい」と思っていたので、今の家は寒暖の差がなくとても満足しています。

(工務店様)
シュタイコは冬の寒さだけでなく夏の暑さに対応している点に着目し試験的に導入しましたが、入居後の室内の快適性についてお施主様の評価が高いため、今では標準仕様で提案しています。

木繊維のここが違う!

東京都 一級建築士事務所 E様
設立当初から『LOHAS』(健康で持続可能な生活様式)を提唱してきたので、自然素材を使用したリフォームや新築をお客様におすすめしています。シュタイコは木繊維からできている断熱材なので、当社の方針にも沿っており、お客様に安心して提案することができます。
施工面でも程良い固さがあるので、現場で簡単にカットして隙間なく入れることができました。
冬の現場では大工さんがシュタイコを入れた後に「急に暖かくなった!」と報告があり、断熱効果も抜群です。

世界基準の断熱性を実現!

千葉県 M建設様
当社の住宅は「日射遮蔽」に充分気を付けて設計しているのですが 、それ以外の部分で壁からの夏場の熱の侵入をなるべく抑えるためシュタイコを採用しました。
採用した住宅の見学会開催の日は、車の温度計で2℃という真冬並みの寒さでしたが、ペレットストーブの調子が悪く家の中は無暖房状態でした。「さて、困ったぁ…」と思っていたのですが、なんと室温は16℃あったんです。
『世界基準の断熱性の家』というのが証明されたと言ってもいいくらい、その暖かさを体感できています。

寒暖の差がありません!

福岡県 株式会社 I様
(お施主様)
以前の住まいは夏暑く冬はとても冷える空間で「家族みんなでもっと快適に住める家にしたい」と思っていたので、今の家は寒暖の差がなくとても満足しています。

(工務店様)
シュタイコは冬の寒さだけでなく夏の暑さに対応している点に着目し試験的に導入しましたが、入居後の室内の快適性についてお施主様の評価が高いため、今では標準仕様で提案しています。
カタログの郵送をご希望の方やお問合せは、お問合せフォームからご請求ください。

会社概要


株式会社イケダコーポレーションは今年で設立30周年

私たちイケダコーポレーションは1990年より、エコロジー建材専門商社としてひとと環境にやさしい建材のみを取り扱い続けています。
環境だけでなく健康に配慮した家づくりをお手伝いするために、全国にエコロジー建材の提案と最新情報をお届けします。

<主な取り使い品目>
シュタイコ木繊維断熱材
リボス自然健康塗料
オガファーザー壁紙
天然スイス漆喰 スイスウォール

<お問い合わせ先>
株式会社イケダコーポレーション シュタイコ事業部
〒104-0045 東京都中央区築地7-10-2 築地小川ビル 4F
0120−544−453
https://iskcorp.com/